'."\n";?> ウォーターサーバーの仕組み

ウォーターサーバーの仕組み

ウォーターサーバーの仕組み

ウォーターサーバーの仕組み

ウォーターサーバーの使用にあたって、ワンウェイとリターナブルとよばれる2つの仕組みがあります。
ウォーターサーバーの設置を考える時には、ワンウェイとリターナブルの方式について知っておいて損はありません。

 

蛇口を通って水が出てくるのはどちらのシステムでも同じですが、飲み終わった後の処理の仕方が異なるのです。
ワンウェイ方式というのは、使い捨てのボトルですので、飲み終わった後は捨てても問題ありません。

 

ごく当たり前のサーバーでは水が減少すると空気がボトルに入っていきますので、衛生面での心配が出てきます。
この点ワンウェイ方式のウォーターサーバーであれば、水が減ると空気が入らずにボトル自体がつぶれていくのです。

 

最後になるとボトルは押し付けられたようにクシャクシャになってしまうというのが、ワンウェイ方式というわけです。
ボトル内はほぼ無菌状態になるので衛生上問題はなく、サーバーのメンテナンスもいりません。
リターナブル方式を説明すると、使用済みのボトルを会社に返却しそれを再度利用します。
水の保管や、空ボトルの保管なども大切になります。

 

従来のウォーターサーバーでは、このタイプが最も普及しているようです。
リターナブル方式なら、半年〜1年に1度は必ずメンテナンスが求められます。
ワンウェイ方式と比較して料金が割安なのも、リターナブル方式の魅力です。
メリットが異なりますので、ウォーターサーバーを導入しようと検討する際は以上のことを熟慮のうえで決めることをおすすめします。


ホーム RSS購読 サイトマップ