'."\n";?> RO水と赤ちゃん

RO水と赤ちゃん

RO水と赤ちゃん

RO水と赤ちゃん

ウォーターサーバーに使われる水は、どのような水が選ばれているのでしょう。
ウォーターサーバーに使われている水は、ナチュラルミネラルウォーターというものです。

 

ウォーターサーバーに使用されるナチュラルミネラルウォーターは、大多数が軟水で、成分としてカルシウムやミネラルなどがちょうどいいバランスで入っています。
日本人には美味と感じる飲み心地のよい水なので人気があるのではないでしょうか。
ところが赤ちゃんのミルクの水として使用するときは、ミネラルがはったナチュラルウォーターには気を配る必要があります。

 

赤ちゃん用ミルクにはミネラルが入っていますから、天然水をベースにミルクを作るとミネラル成分が多すぎてしまうこともあります。
過剰なミネラルは、乳幼児の内臓に負担をかけてしまうおそれがあります。
ウォーターサーバーの水にはその他にも天然水に限らずRO水といわれる水が使われている場合があります。

 

RO水は、水道の水の中からありったけの塩類や塩素、薬品などの不純物を抜き去ったものです。
これを純水と呼び、これは体に取り入れたいミネラルは入っていませんがその代わり赤ちゃんも飲むことができます。
富士山麓の天然水や海洋深層水などの各種の水がありますが、はじめは数種類を試してみるのも良いかもしれません。

 

業者によっては期間を設けて無料でお試しできるところもあるので、有効に利用してみましょう。
それぞれの水の特性について調べてから、ウォーターサーバーの水を決めるようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ