'."\n";?> ウォーターサーバー宅配方法

ウォーターサーバー宅配方法

ウォーターサーバー宅配方法

ウォーターサーバー宅配方法

ウォーターサーバーを取り付けた場合に、いくつかの水の宅配方法があります。
それぞれの会社によって宅配方法が異なり、メリットとデメリットが生じますので、最初に確認しておきましょう。

 

ウォーターサーバーに使用する水を宅配するには、その業者で届ける場合と宅配業者に委託して配送する場合があります。
自分の会社で搬送するときは、満タンのボトルと空ボトルの交換と設置まで行ってくれます。

 

その際に、ウォーターサーバーについて些細な質問もできます。
けれども、数多い家庭と会社に水の配送をしていますので細かな時間指定が難しい場合もあります。
一方宅配便で届けてもらうケースだと、通常の宅急便と同じで時間を細かく指定することが可能です。

 

けれども、ボトルの交換や設置のサービスはないので、交換作業は自分で行います。
多くが玄関先までの配達となり、指定の部屋まで運搬してくれる場合はなかなか無いでしょう。
ほとんどの企業が、12リットル〜18リットル入る重たいボトルを利用しています。
お年寄りや女性ですと、部屋の中でほんの少し運ぶだけでもきついかもしれません。

 

それぞれの家庭ごとに状況も違うので、宅配業者・自社配送それぞれのメリット・デメリットを考えてからウォーターサーバーの業者を選ぶようにしましょう。
継続して使うと定期的にお願することになるので、負担の少ない方法を選ぶのが重要となります。


ホーム RSS購読 サイトマップ